2017年1月16日月曜日

1月21日土方巽逝去記念パフォーマンス

皆さま、新しい年を如何お過ごしでしょうか?
シアトルでは、しばし零下の日々が続いておりましたが、今週からは少し寒さが和らぐようです。

さて、この土曜日1月21日に、土方巽の逝去記念日の集いとして、舞踏パフォーマンスを開催いたします。舞踏の創始者のひとりと言われる土方巽は、1986年1月21日に、肝臓がんにより、急逝。享年57歳。
お時間とご興味のあるお方は、この機会にぜひお越しくださいませ。


今回は、舞踏界ではよく知られたJoan Laageも登場いたします。彼女のソロ舞踏を見る貴重な機会でもあります。
当方は、目黒のアスベスト館(舞踏発祥の地、かつ私が初めて舞踏を習った場所)を思いおこしつつ、即興を踊りたいと思います。かつて、そこには慰廃園というハンセン氏病のための施設があったのだとか…。

土方巽メモリアルパフォーマンス in Seattle
2017年1月21日土曜日、7:30PM開場、8PM開演

プログラム

  • Joan Laageのソロ舞踏
  • 土方巽の声を聞く 晩年の録音より
  • 奥村薫+Lee Aoi 舞踏
  • <Intermission>
  • Vanessa Skantzeの舞踏、Joy Spainのライブサウンド

場所:Thetro de la Psychomachia: 1534 1st Avenue South, Seattle, WA 98134
1st Ave側にあるの白いドア(1534と書いてある)から入り、奥の階段を左に上ります。
1st Ave沿いに無料路上駐車可。あるいは、Occidental Ave., Massachusetts Stにも駐車できます。

では、2017年が皆様にとって、良いことがたくさんある年となりますように…
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2017年1月5日木曜日

Deep Dreamコラボレーション・ショートビデオ


Deep Dreamとのコラボレーション・ショートビデオが、AMI (Art with Machine Intelligence, Google)のTwitterにて、紹介されました。

これは、2016年10月末に、King Street Stationにて開催された『Nine Evenings 2』からの動画。どうぞご覧ください。
パリ公演の記録も見たいけれども、まだ出てきませんね…

そういえば、シアトル日本語情報誌SoySourceの1月版でも、記事にしていただきました…Kさん、ありがとうございます~。

SoySource_201612
【追記:次回の公演予定】
2017年1月21日土曜日:土方巽逝去記念日の集い
7時半開場、8時開演
Teatro de la Psychomachia, 1534 1st Ave S, Seattle, Washington 98134
舞踏パフォーマンス:

  • Joan Laage
  • Kaoru Okumura
  • Vanessa Skantze 


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年12月3日土曜日

City Arts Magazine 12月号に掲載されたもよう…

お~、我々のパフォーマンスの写真&記事が、City Arts (シアトルのフリーマガジン)2016年12月号に掲載されている!

Photo by Bruce Clayton Tom
今年一年かけて手掛けてきた、GoogleリサーチのDeepDreamとのコラボレーションであります。人工知能がDeep Learningメソッドで作り出した、幻想的な画像やビデオと舞踏が絡み合っています…。

King Street Stationにて開催された『Nine Evenings 2 Seattle』にて、二晩公演させていただきました。このイベント、先端科学技術と芸術の協業をテーマに、さまざまな実験が繰り広げられるというもの。

1966年ニューヨークでの、ベル研のエンジニアと芸術家たちによる『Nine Evenings』は歴史に重要な転換点となりましたが、50年後の今、テックの本場であるシアトルで、新たなる試みをしてみようという企画でありました。

City Artsマガジンを手に取った方は見てみてくださいませ~

オンライン版はこちら:http://www.cityartsonline.com/articles/what-dreams-may-come


おっと、現在GoogleAMI(Artists and Machine Intelligence)のトップページ画像が、当方の写真になっている~
https://medium.com/artists-and-machine-intelligence

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年11月24日木曜日

ブラックフライデー動向:オンライン講座に引っかかった…

ブラックフライデーが過熱してきたのは5年くらい前からだろうか。開始時間が次第に早くなって、感謝祭の日の夕刻から開ける店も出てきた。

あまりにも従業員に酷だとの批評も出てきて、今年は『あえて感謝祭は閉店します』というほうが受けが良いらしい。

感謝祭もブラックフライデーも、さほど関係ない生活をしている当方です。欲しいものも特にないし…。

とはいえ、先ほどさすがの特別プライスに惹かれて、オンラインでまとめ買いしたのは、UDEMYのオンラインコース。定価$100~200のも、一律$15で出ている!まあ原価があるものでは無いですからね。

10~20時間のビデオ講義が主なので、手ごろな暇つぶしになるでしょう。5講座も買っちゃったし、最近入手したタブレットでのんびり見るといたしましょう。

仕事関連の新しい技術動向の講座(英語)が主ですが、ついでにこんなのにも手を出してしまった…

特別価格、明日の夜までです。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年8月9日火曜日

シアトル日本庭園ガーデンパーティにて

先日のシアトル日本庭園ガーデンパーティでは、舞踏勢3名による練り歩きを披露させていただきました。

着物アートさんの協賛にて、髪や帯もばっちりです。

前回の花魁道中@シアトルダンスフェスティバルとは、少々違った趣向を試してみたのですが、如何でしょうか。
写真はすべて、William Alanさん提供。



白い紫陽花の髪飾りが、初々しさを引き立てています。凛とした風情の娘役。
それに対して、しんがりを務めるのは、ちょいと崩れ気味の姉さん役者。

かぶき者の着想にて。その昔、派手な女の着物などをまとい、奇想天外な伊達男たち…。この一番上に羽織った袖なし着物には、鯉の姿が大きくあしらわれています。何とも大胆な。

柳の下で、もの想う娘…

と、柳の下で、もの狂う女~





観客の皆様にも恵まれて、とっても楽しい道中でありました。

次回パフォーマンスは同じく日本庭園にて、3時間の舞踏イベントとなります。お好きな時間に来て、庭園内を散策しながら、各所に配された舞踏家及び流れてくる音楽をお楽しみください。
【公演情報】



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年8月6日土曜日

シアトルアートフェア2016 & カイカイキキ@Pivot Art

シアトルでも本格的なアートショーを!ということで、昨年からポールアレンの肝入りで始まったとか言う、シアトルアートショー
友人からVIPチケットを頂いたので、金曜日に行ってきました。

なかなかに有名どころのギャラリーが出展しているのだとか。とはいえ、現代アートのコレクター向けなので、当方などは対象外ではありますが。知り合いのアーティストさんと会って話し込んだりして、それなりに楽しい時間を過ごしてきました。


また、日本からの出展「カイカイキキ」のブースにて、彼らの企画がシアトルの別ギャラリーでもやっているとの情報を得た。
「青島千穂さんの新作が来てます!」との言葉に釣られて、この週末のみとのことなので、ついでにウエストレイクにも足を延ばすことに。


青島千穂さんの作品は、昨年秋シアトルアジア美術館での展覧会で見た、『TAKAAMANOHARA』という作品に度肝を抜かれたのでした。

さてこちらが新作…


音質がいいですね。尺八とか、合いの手に入る「ふぁ~」といった掛け声とか。前作、TAKAAMANOHARAと同系の、クリアでありながら、味のある色味も好みであります。数分間のアニメーションですが、いろんな部分をじっくり眺めながら、何回も何回も見てしまいました。

そしてこちらが、村上さんの作品

このギャラリー、面白いスペースだよなあ~と思って外に出たら、ここはポール・アレン・インスティテュートでありました。ああ、これが昨年から話に聞いていた、アマゾン街に出現するポール・アレンのギャラリーだったのね。なるほど…。


【公演予定】怒涛の7月も無事すぎて、次回公演は、シアトル日本庭園にてとなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年2月14日日曜日

エピスコパル流、終活ワークショップ

この土曜日は、丸一日のワークショップに参加してきました。
Passing on Your Legacy through Decisions about Life, Death, and Faith」Olympia Diocese主催という、このお題自体、ちょいと説明がいるかもしれません。

  • Legacy: 個人や集団が築き上げてきたもの。あるいは、その派生で遺産。
    ちなみに、ソフトウエア業界でレガシーといえば、「昔からの経緯でそうなっていて、変更しにくい事項」というニュアンスで、ユーザには不都合だろうけど、直したくないときの決まり文句、あるいは自分のせいじゃないんだよという言い訳に使ったりもいたします。
  • Diocese: 教区。ビショップが管轄している範囲をDioceseといいます。エピスコパル派の場合、シアトルが所属するOlympia Dioceseはワシントン州の半分(山脈の西側)。けっこう広い範囲ですね。
  • ちなみに、エピスコパル(Episcopal)派は、アメリカ内の英国国教会派を意味します。一言でいえば、知的リベラル、ただし儀礼は伝統的に…
日本で、終活という言葉が出来たのは、2009年ごろとのことですが、昨日のセミナーから、アメリカでの、それもキリスト教会系のワークショップの模様をお伝えいたしましょう。


教会系ワークショップのメリットは、ある程度の共通バックグラウンドを持っていることでしょうか。人生の最後について語るにしても、腫れ物に触るような持ちまわった言い回しをせずとも良い。「どんな人にも、必ず平等に訪れるもの。人生の自然なフェーズ」としてスタートできます。

ちなみに、教会によっては、お葬式のことを、「Celebration Life Liturgy」ということもあります。ちょいと言葉をいじり過ぎている(PC風に)感もあり。私的にはFuneralで良いと思うのですが。

我らがビショップのお話しに続き、Speaking Of Dyingという30分ほどの映画を上映。そこには、残されるものとの対話、代理人の選択等の法的な準備、ホスピスあるいは緩和医療、そしてワシントン州の尊厳死法(2008年に成立)などが語られています。

そして各分野の専門家が、それぞれの領域での講義をしてくださいます。

法的側面:
基本中の基本―Physician Orders for Life Sustaining Treatment (POLST)、通称「緑のフォーム」を必ず記入して、冷蔵庫の前面に貼っておくこと。
こちらでは、万一の場合どのような医療をやってほしいか、あるいはやってほしくないかをあらかじめ記入しておくフォームがあります。万一の場合には、意識が明確でないかもしれないし、意思疎通できる状態とは限らない(さらには英語で法律的な難解なことを正しく理解&伝えられない危険性は大!)。

「冷蔵庫の前面」ってのには笑っちゃいましたが、緊急チームやサポートの人たちは、かならず冷蔵庫に貼ってあるものをチェックするとのこと。こちらでの、慣習なのですね~。
(我が家の冷蔵庫にも貼ってあります)
同様に大事な書類が、「Durable Power of Attorney」(委任状?)で、万一の場合の代理人を指名いたします。これには、2種類あって、別々にあるいは総括的に指名することが可能。
  • Durable Power of Attorney for Health Care Directive: 医療面での代理人
  • Durable Power of Attorney for Finances: 主にWill(遺言状)に沿った遺産処理の代理人
米国で、有効な遺言書(Will)が無く、身寄りもいないと財産はすべて国(か州?)が没収…という話もあり。それは哀しいですので、私の場合、遺言書はちゃんと作っておかなければまずい…。

さらに、代理人(指名されていない場合、デフォルトでは親族)が定まっていない場合には、州の法廷が代理人を指名するのだとか。ただしそれが決定するまで、持ち家には、一切の人の立ち入りが禁止されることもある!!
ペットのいる家では許されざる事態です… 

我が家ではこれも、一緒に冷蔵庫に貼ってあります。でも不完全な個所もあり、見直さなければ!

ホスピス
日本的感覚だと、病院みたいにベッドがある場所を想像していました。が、現在ホスピスワークのほとんどは、Home(自宅、介助付きアパート、施設、時には病院)へ訪問して、緩和ケアとサポートをおこなうのだとか。
  • 緩和ケア以上にサポートの重要性が高い。本人サポート以上に家族、周りの人々へのサポートが大事。
  • 法的に、余命6か月以下と診断され、条件にあう診断書が出されて、初めてホスピスにApplyできる。
  • 定期的(60か90日ごと)に状況をアセスする。余命6か月でないと診断された場合には、Discharge(退院?ホスピスケアを停止)される。実際に、よくあるケースなのだとか。ホスピスに来た段階で、回復目的の投薬や治療を一切やめるので、それで調子が良くなることもあるそうです。
尊厳死法
ワシントン州では、Washington Death with Dignity Actが2008年に可決されました。これは、本人の意思で、回復の見込みが無く、余命が6か月以下と診断されて、耐え難い苦痛に悩まされている場合には、致死性の錠剤で眠るようにして、自分の最後の時を自分の手で決める可能性を与える法律。

こちらも、条件や手続きはかなり込み入っています(さすがアメリカ)。
病状の診断はもちろん、精神的、神経的には健全(鬱状態ではないこと)であることが証明されなければいけませんし、期間をおいて、複数の専門医からの証明が必要となります。また、北欧のように医師が手助けをしてはいけません。本人が自分自身の手で錠剤を飲むことが条件ですので、身体を動かせなくなってしまった場合には使えない手です。

この法律は、リベラルなものとして誇りに思うワシントン州民が多いようです。
一方、この法律を実際に使うかについては、個人的にかなりの幅があるように思われます。ホスピスやチャプレンの話では、実際に使わなくてもそのオプションがあると思うと楽になる人、あるいは、Death with Dignity Actを持ち出すのは、自分の死について話し出すきっかけとなることも多いとか。

ちなみに、2014年にこのActにより錠剤を入手した人は、176人。そのうち実際に錠剤を使用して亡くなった方々は、126人(ワシントン州のレポート)。処方箋の総数はレポートになし。

ラウンドテーブルディスカッション
専門家のレクチャーに続いて、ディスカッションのお時間となるのは、USでのワークショップの常。今回は、各テーブル(つまり3~4人の参加者ごと)に専門家たちが回ってくる。
法律家、ホスピス関係者、そして聖職者とそれぞれ、30分くらい質疑応答や、ディスカッションを重ねていきます。

メモリアル・プランニング
聖職者とのディスカッションのネタは、自分のメモリアル・プランニングでありました。
喪主をやると、大体どんなことを決めなきゃいけないか分かりますよね…。そんなこんなをあらかじめ記入して、教会に保管しておいてもらうことも出来るんです。

テンプレートには、誰が聖書を読むか、どの式文を使うか等々。適当に決めてくれていいよ~という項目も多いのだが。ちなみに、「遺族がもめるのは、どのあたりですか?」と聞くと、賛美歌、および聖書朗読の個所の選択だとか。そこで揉めるのか~?

ちなみに、USでも最近は、ほとんどのメモリアルサービスは、Ash(灰)となります。火葬の後、小さな壺に入った灰とともに、礼拝を行うもの。形式は聖餐式(ミサ)の説教部分が故人にちなんだ話になる程度で、普通の礼拝とほぼ同じなのです。

Casket(お棺、遺体を教会に運び込んで行う形式)はもう珍しくなっており、数年に一度くらいでしょうか。

当方、教会のAltar Guild(祭壇ギルド)メンバーなので、時折お葬式の花も準備しております。日本のように、白い花という制約は無いですねえ。故人の意向により「真っ赤なバラをたくさん!」とリクエストされたこともあります。
日本ではまずない発想かもしれませんね。お花の量も日本に比べると、ほんとうに控えめです…。

雑感
ラウンドテーブルの議題はいずれも、参加者は「分かっているんだけど、まだやってない」あるいは「やってるんだけど、完成していない~」という状況。

今回、複数の専門家が各参加者に逆に質問してきました「やることをブロックしているのは何だと思う?」「やるのに一番の障害となっているのは何?」

これは、面白い問題の切り崩し方だな~と感心した次第。
やらなきゃいけないことはわかっているけど、やれていない。そんな時に、ただ「頑張ろう!」と思っても、なかなかやれない。何がブロックしているかが分かれば、何故か気が楽になって、やれる可能性が高まるのかもしれませんね。ちょいとしたTipsでありました。

【公演予定】
3月3日(木曜) シアトルFirst Thursday Artwalk。DAIPAN Butoh+ @ TK Artistloft 
7時半か8時ごろから。詳細はまた後程…
お時間とご興味のあるかたは、スケジュールにメモしておいてくださいませ。当方のパフォーマンスでは、ちょいと意外なコラボレーションを予定しております。





にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年1月17日日曜日

チフリ美術館へ


今年のパフォーマンス初めは、シアトルセンターのArmoryにて。
アート振興団体のリーダーを集めた会議だったのですが、そのプログラムの中に、実際にArtに触れる時間という枠がいくつかあるのです。招待アーティストとして、その枠でパフォーマンスさせていただきました。

その後、いくつかのグループに分かれて、シアトルセンター近くの施設を見学に。

Chihuly, EMP, Key Arena, Pottery Northwest, Pacific Northwest Ballet, シアトルチルドレンセンター等の選択肢の中から、ガラスアートのChihuly(チフリ)美術館ツアーに参加させていただきました。

ここまで巨大だと、その迫力だけでも凄い。
海の生物たちを下から見上げるという趣向のお部屋。漏れてくる光の色がまた楽しい。


こちらは。「IKEBANA」という作品。右はIKEBABAのボート、左のボートはチフリ氏が、Niijima(新島?)を訪れた際の漁網をイメージしたとの事。

このあたりNorthwestでは、日本文化がいろいろなところで引き合いに出されているのに出会います。嬉しい驚きでもあります。

さて、最後はお馴染み、スペースニードルを背景にした温室風のお部屋。なんともダイナミックな構図で、みなさん写真を撮る場所でもあります。


最後に設けられた、チフリ美術館のディレクターを交えてのディスカッションタイムでも、中身の濃い質疑応答がなされて、実に満足~な一日でありました。

【公演情報】
次回公演は、1月31日日曜日、クロスロードモールの冬のお祭りにて。
Kimono Artさんとのコラボレーションで、午後2時からのステージとなります。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報