2017年3月11日土曜日

ショアライン・コミカレで、舞踏写真展はじまりました!

今年のシアトル国際舞踏フェスティバルは、今までになく大規模となっている。
先日始まったギャラリー展を皮切りに、ワークショップ、そしてメインのステージ公演と立て続く。

まずは、3月7日のギャラリー展オープニングから…

(c) Mariko Kayama

Shoreline Community Collageのアートギャラリーでは、City Artの写真家でもあるBruce Clayton Tomを中心とした舞踏写真、およびRuthie V.の舞踏家をモデルにした実物大サイズの油絵が展示され、毎週火曜日には、無料のミニパフォーマンスも!

DSC01275_RAW
DSC01274_RAW

来週の火曜日、3月14日(4時半~6時)にも、当方ソロ即興を演じます。この日はKCTS 9が取材に来るそうな…

メインとなるステージ公演は、4月7日~9日、Shoreline Community Collageのシアターにて。

Natalia Cuellar率いるチリの舞踏団Compañía Ruta de la Memoriaは、5名の舞踏手による「Cuerpo Quebrado (Broken Body)」を金曜日、土曜日に演じる。これは、1990年代の独裁下における女性たちの艱難に捧げる作品。

また、4月9日日曜日は、日本人舞踏家特集。ヘルシンキ在住の日本人舞踏家Ken Maiによる新作「花の鎮魂歌」には、とっても期待しております。当方も、この日に、長崎への思いを託したソロを踊ります。パフォーマンス後には、ギャラリーでの歓談会にご参加ください~。

  • 4月7日(金)8pm: Ruta de la Memoria、地元舞踏家(Joan Laage、Sheri Brown)
  • 4月8日(土)8pm: Ruta de la Memoria、地元舞踏家(Helen Thorsen、Diana Garcia-Snyder)
  • 4月9日(日)3pm: Ken Mai、地元舞踏家(奥村薫) 、公演後ギャラリーにて歓談会あり。

いずれも、開場は30分前。
Shoreline Community Collage シアター 16101 Greenwood Avenue North, Shoreline, WA
4時以降と週末の駐車は無料。
舞踏ギャラリー展は、Shoreline Community Collage ADMIN棟(#1000)にて

また、招聘アーティスト(チリから5名、フィンランドから1名)の滞在費などをサポートするために、クラウドファンディングを開始いたしました。拡散いただければ幸いなり…





にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2017年3月3日金曜日

3月のパイオニアスクエア・アートウォーク

第一木曜日は、パイオニアスクエアのギャラリー巡りの日であります。オープニングに併せてアーティストが来廊していることも多く、色々な方とお話しする良い機会。

本日のお目当ては、Frederick Holmes Galleryでの、森澤直子さんのオープニング。

左:画廊主、右:森澤さん

オクシデンタル通りの有名どころの画廊で取り上げられるとは、流石です。




3月になったというのに小雨が降り続くなか、ホットチョコレートの看板を発見!チョコレートはさほど好きではないのですが、寒い夜のホットチョコレートには、抗い難い魅力があります。


小さなカップの中には、木の絵が!
ラテアートならぬ、ホットチョコレートアートです。
「Artwalkの夜には、フリーサンプルをどうぞ」とのことで、このホットゾンビ―を頂きました。スパイスの効いた味が、冷えた身体に沁みますわ。

この時間は普通のホットチョコレートは販売していないとのことなので、是非また来て試してみたいものです。

Intrigue Chocolate Co 157 S Jackson St, Seattle, WA 98104

いつもながら、にぎわっていたのは、AXIS Pioneer Square

皆に慕われつつも閉店した本屋さん、Elliot Bay Bookstoreの跡に出来た大型画廊。いわゆる現代風のかっこいい空間ですね。
木の床に響く、靴音が心地よいのです…。
すみっこに、ちょいとしたステージを発見。むむぅ、この空間で踊ってみたいものだなあ。

【今後の公演予定】

  • 3月5日(日曜)2時~5時 Smile For Japan 2017 2時~5時
    和みティーハウス 519 6th Ave S, Ste 200, Seattle
  • 3月7日(火曜)4時~ 舞踏写真展オープニングパフォーマンス
    Shoreline Community College, Art Gallery (#100 Admin棟)
  • 3月14日(火曜)4時~ 舞踏写真展ギャラリーショー
    Shoreline Community College, Art Gallery (#100 Admin棟)
  • 4月9日(日曜)3時~ シアトル舞踏フェスティバル メインステージパフォーマンス
    Shoreline Community College, シアター


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2017年1月16日月曜日

1月21日土方巽逝去記念パフォーマンス

皆さま、新しい年を如何お過ごしでしょうか?
シアトルでは、しばし零下の日々が続いておりましたが、今週からは少し寒さが和らぐようです。

さて、この土曜日1月21日に、土方巽の逝去記念日の集いとして、舞踏パフォーマンスを開催いたします。舞踏の創始者のひとりと言われる土方巽は、1986年1月21日に、肝臓がんにより、急逝。享年57歳。
お時間とご興味のあるお方は、この機会にぜひお越しくださいませ。


今回は、舞踏界ではよく知られたJoan Laageも登場いたします。彼女のソロ舞踏を見る貴重な機会でもあります。
当方は、目黒のアスベスト館(舞踏発祥の地、かつ私が初めて舞踏を習った場所)を思いおこしつつ、即興を踊りたいと思います。かつて、そこには慰廃園というハンセン氏病のための施設があったのだとか…。

土方巽メモリアルパフォーマンス in Seattle
2017年1月21日土曜日、7:30PM開場、8PM開演

プログラム

  • Joan Laageのソロ舞踏
  • 土方巽の声を聞く 晩年の録音より
  • 奥村薫+Lee Aoi 舞踏
  • <Intermission>
  • Vanessa Skantzeの舞踏、Joy Spainのライブサウンド

場所:Thetro de la Psychomachia: 1534 1st Avenue South, Seattle, WA 98134
1st Ave側にあるの白いドア(1534と書いてある)から入り、奥の階段を左に上ります。
1st Ave沿いに無料路上駐車可。あるいは、Occidental Ave., Massachusetts Stにも駐車できます。

では、2017年が皆様にとって、良いことがたくさんある年となりますように…
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2017年1月5日木曜日

Deep Dreamコラボレーション・ショートビデオ


Deep Dreamとのコラボレーション・ショートビデオが、AMI (Art with Machine Intelligence, Google)のTwitterにて、紹介されました。

これは、2016年10月末に、King Street Stationにて開催された『Nine Evenings 2』からの動画。どうぞご覧ください。
パリ公演の記録も見たいけれども、まだ出てきませんね…

そういえば、シアトル日本語情報誌SoySourceの1月版でも、記事にしていただきました…Kさん、ありがとうございます~。

SoySource_201612
【追記:次回の公演予定】
2017年1月21日土曜日:土方巽逝去記念日の集い
7時半開場、8時開演
Teatro de la Psychomachia, 1534 1st Ave S, Seattle, Washington 98134
舞踏パフォーマンス:

  • Joan Laage
  • Kaoru Okumura
  • Vanessa Skantze 


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年12月3日土曜日

City Arts Magazine 12月号に掲載されたもよう…

お~、我々のパフォーマンスの写真&記事が、City Arts (シアトルのフリーマガジン)2016年12月号に掲載されている!

Photo by Bruce Clayton Tom
今年一年かけて手掛けてきた、GoogleリサーチのDeepDreamとのコラボレーションであります。人工知能がDeep Learningメソッドで作り出した、幻想的な画像やビデオと舞踏が絡み合っています…。

King Street Stationにて開催された『Nine Evenings 2 Seattle』にて、二晩公演させていただきました。このイベント、先端科学技術と芸術の協業をテーマに、さまざまな実験が繰り広げられるというもの。

1966年ニューヨークでの、ベル研のエンジニアと芸術家たちによる『Nine Evenings』は歴史に重要な転換点となりましたが、50年後の今、テックの本場であるシアトルで、新たなる試みをしてみようという企画でありました。

City Artsマガジンを手に取った方は見てみてくださいませ~

オンライン版はこちら:http://www.cityartsonline.com/articles/what-dreams-may-come


おっと、現在GoogleAMI(Artists and Machine Intelligence)のトップページ画像が、当方の写真になっている~
https://medium.com/artists-and-machine-intelligence

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年11月24日木曜日

ブラックフライデー動向:オンライン講座に引っかかった…

ブラックフライデーが過熱してきたのは5年くらい前からだろうか。開始時間が次第に早くなって、感謝祭の日の夕刻から開ける店も出てきた。

あまりにも従業員に酷だとの批評も出てきて、今年は『あえて感謝祭は閉店します』というほうが受けが良いらしい。

感謝祭もブラックフライデーも、さほど関係ない生活をしている当方です。欲しいものも特にないし…。

とはいえ、先ほどさすがの特別プライスに惹かれて、オンラインでまとめ買いしたのは、UDEMYのオンラインコース。定価$100~200のも、一律$15で出ている!まあ原価があるものでは無いですからね。

10~20時間のビデオ講義が主なので、手ごろな暇つぶしになるでしょう。5講座も買っちゃったし、最近入手したタブレットでのんびり見るといたしましょう。

仕事関連の新しい技術動向の講座(英語)が主ですが、ついでにこんなのにも手を出してしまった…

特別価格、明日の夜までです。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年8月9日火曜日

シアトル日本庭園ガーデンパーティにて

先日のシアトル日本庭園ガーデンパーティでは、舞踏勢3名による練り歩きを披露させていただきました。

着物アートさんの協賛にて、髪や帯もばっちりです。

前回の花魁道中@シアトルダンスフェスティバルとは、少々違った趣向を試してみたのですが、如何でしょうか。
写真はすべて、William Alanさん提供。



白い紫陽花の髪飾りが、初々しさを引き立てています。凛とした風情の娘役。
それに対して、しんがりを務めるのは、ちょいと崩れ気味の姉さん役者。

かぶき者の着想にて。その昔、派手な女の着物などをまとい、奇想天外な伊達男たち…。この一番上に羽織った袖なし着物には、鯉の姿が大きくあしらわれています。何とも大胆な。

柳の下で、もの想う娘…

と、柳の下で、もの狂う女~





観客の皆様にも恵まれて、とっても楽しい道中でありました。

次回パフォーマンスは同じく日本庭園にて、3時間の舞踏イベントとなります。お好きな時間に来て、庭園内を散策しながら、各所に配された舞踏家及び流れてくる音楽をお楽しみください。
【公演情報】



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報

2016年8月6日土曜日

シアトルアートフェア2016 & カイカイキキ@Pivot Art

シアトルでも本格的なアートショーを!ということで、昨年からポールアレンの肝入りで始まったとか言う、シアトルアートショー
友人からVIPチケットを頂いたので、金曜日に行ってきました。

なかなかに有名どころのギャラリーが出展しているのだとか。とはいえ、現代アートのコレクター向けなので、当方などは対象外ではありますが。知り合いのアーティストさんと会って話し込んだりして、それなりに楽しい時間を過ごしてきました。


また、日本からの出展「カイカイキキ」のブースにて、彼らの企画がシアトルの別ギャラリーでもやっているとの情報を得た。
「青島千穂さんの新作が来てます!」との言葉に釣られて、この週末のみとのことなので、ついでにウエストレイクにも足を延ばすことに。


青島千穂さんの作品は、昨年秋シアトルアジア美術館での展覧会で見た、『TAKAAMANOHARA』という作品に度肝を抜かれたのでした。

さてこちらが新作…


音質がいいですね。尺八とか、合いの手に入る「ふぁ~」といった掛け声とか。前作、TAKAAMANOHARAと同系の、クリアでありながら、味のある色味も好みであります。数分間のアニメーションですが、いろんな部分をじっくり眺めながら、何回も何回も見てしまいました。

そしてこちらが、村上さんの作品

このギャラリー、面白いスペースだよなあ~と思って外に出たら、ここはポール・アレン・インスティテュートでありました。ああ、これが昨年から話に聞いていた、アマゾン街に出現するポール・アレンのギャラリーだったのね。なるほど…。


【公演予定】怒涛の7月も無事すぎて、次回公演は、シアトル日本庭園にてとなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村シアトル・ポートランド情報